18 2月

ステッカーと缶バッジ

先週はみんな仕事が忙しいので先週は一度もバンドのメンバーが集まることができませんでした。私達は週に2,3回は会ってお互い顔を見ていたので何だか久しぶりに友達に会う感覚になりました。スタジオに着くと妙に懐かしい感じになってしまいました。バンドの生活がしっかりと身に染み付いていたんですね。私達のバンドではまた新しく曲をやろうということになりました。メンバー内であらたにやりたい曲を出し合ってその中から2曲を決めようということになりました。私も好きなアーティストがあったのでみんなにリクエストしました。その後メンバーで話し合って2曲を決めましたが、今回私がリクエストした曲は残念ながら入りませんでした。でもみんなで演奏できるなら何でも楽しいものです。2曲とも私もよく聞いていた曲だったので満足です。それから、いつも練習していた曲を5曲音合わせをしました。その後は帰りがけに飲み屋で反省でした。友達はこの間の缶バッジを持っていました。そうそう私も楽器店でもらった缶バッジがあったのでベースのヤツと缶バッジを見せ合っていました。私のは有名アーティストのだからかなりプレミアムがついています。でも裏側を見るとベースのヤツの缶バッジとは微妙に形が違っていました。そういえば大きさは私の方が一回り小さかったのでした。もう一つの方は安全ピンの形も違っていましたね。でもベースのヤツもその有名アーティストが好きだったのでとても羨ましがっていました。私もせっかく楽器店の店員さんに確保してもらった缶バッジなので大事にしていますから見せるだけにしておきます。そんなことでなぜか大いに盛り上がってしまい、この日は終電となってしまいました。明日の仕事に支障がないように早く帰りたかったのですがついつい長居してしまいました。

 

この間バンドの練習の後の反省会でベースのヤツと缶バッジを見せ合っていたのですが、キーボードのヤツはステッカーを作りたいといいだしたのです。私とベースは缶バッジを作りたいなと思っていましたが、さてどうしようといったところです。そこで、キーボードのヤツと私でそれぞれ作りたいものを調べてくることにしました。私はどうやって缶バッジを作ったらいいのか分からなかったのでとりあえず、私が良く行く楽器店にいってカンバッジをくれた店員さんに缶バッジのことについて聞いてみました。店員さんは「こういうのはまとめて作ってくれるところはあるみたいだけど何千個単位じゃないと作ってくれないんじゃないのでしょうかね?」ということでした。私らが欲しいのはせいぜい100個ぐらいなのでそれでは購入は難しいかもしれません。途方にくれているところにちょうど私のライブを観に来てくれている友達に会いました。その友達は「それなら知ってるところあるよ」ということでした。聞くところによるとその缶バッジ製作会社は10個から作成できるとのことだったので、私らにはまさにピッタリの所でした。そんな少ない数から缶バッジって作成できるんですね。驚きでした。その友達に料金を聞いてみたら100個でも8000円位とのことでした。これなら私達でも買いやすい安さです。ベースのヤツにもこのことを電話で説明すると「安いね!」ということでした。キーボードのヤツのステッカーの情報は聞いてないのですがどうなんでしょうね?ステッカーでもいいなと思っているのですがやっぱり高いのでしょうね。